C言語でfread検証

ちょっと仕事で調べる必要があって、freadの検証。

ソースコード

/*
	main.cpp
*/

#include <stdio.h>
#include <time.h>
#include <windows.h>
#include <mmsystem.h>
#pragma comment(lib, "Winmm.lib")

#define BUF_SIZE	1024

static LARGE_INTEGER nFreq, nBefore, nAfter;
static LONGLONG DiffTime();

static int test1(FILE *fp, const char *fileName, char *buf);
static int test2(FILE *fp, const char *fileName, char *buf);

int main(int argc, char *argv[]) 
{
	FILE *fp = NULL;
	char buf[BUF_SIZE];
	const char *fileName = "D:\\test.dat";

	QueryPerformanceFrequency(&nFreq);

	test1(fp, fileName, buf);
	test1(fp, fileName, buf);

	test2(fp, fileName, buf);
	test2(fp, fileName, buf);

	return 0;
}

LONGLONG DiffTime()
{
	return (nAfter.QuadPart - nBefore.QuadPart) * 1000 / nFreq.QuadPart;
}

int test1(FILE *fp, const char *fileName, char *buf)
{
	int err = 0;
	int readLength = 0;
	int readTotal = 0;	

	printf("--- 実験1 ---\n");

	fp = fopen(fileName, "rb");
	if (fp == NULL) {
		printf("open error. filename=%s\n", fileName);
		return -1;
	}

	QueryPerformanceCounter(&nBefore);
	while(1) {
		readLength = fread(buf, sizeof(char), BUF_SIZE, fp);
		readTotal += readLength;
		if (readLength != 1024) {
			err = ferror(fp);
			printf("fread length unmatch. ferror=%d, readLength=%d\n", err, readLength);
			break;
		}
	}
	QueryPerformanceCounter(&nAfter);
	printf("readTotal=%d, time=%dms\n", readTotal, DiffTime());

	fclose(fp);

	return 0;
}

int test2(FILE *fp, const char *fileName, char *buf)
{
	int err = 0;
	int readLength = 0;
	int readTotal = 0;	

	printf("--- 実験2 ---\n");

	fp = fopen(fileName, "rb");
	if (fp == NULL) {
		printf("open error. filename=%s\n", fileName);
		return -1;
	}

	QueryPerformanceCounter(&nBefore);
	while(1) {
		readLength = fread(buf, BUF_SIZE, 1, fp) * BUF_SIZE;
		readTotal += readLength;
		if (readLength != 1024) {
			err = ferror(fp);
			if (err != 0) {
				printf("fread error. ferror=%d, readLength=%d\n", err, readLength);
				break;
			} else {
				printf("eof. ferror=%d, readLength=%d\n", err, readLength);
				break;
			}
		}
	}
	QueryPerformanceCounter(&nAfter);
	printf("readTotal=%d, time=%dms\n", readTotal, DiffTime());

	fclose(fp);

	return 0;
}

結果

--- 実験1 ---
fread length unmatch. ferror=0, readLength=344
readTotal=336724312, time=4591ms
--- 実験1 ---
fread length unmatch. ferror=0, readLength=344
readTotal=336724312, time=3490ms
--- 実験2 ---
eof. ferror=0, readLength=0
readTotal=336723968, time=3024ms
--- 実験2 ---
eof. ferror=0, readLength=0
readTotal=336723968, time=3349ms

ソースコードを表示するWordPressプラグイン「SyntaxHighlighter Evolved」

■インストール手順
プラグイン→新規追加→「SyntaxHighlighter Evolved」を検索→「いますぐインストール」をクリック→有効化

■どんなふうに表示できるかテスト

ソースコード
[php]
ここにコードを入れます1
ここにコードを入れます2
[/php]
[css autolinks=”false” classname=”myclass” collapse=”false” firstline=”1″ gutter=”true” highlight=”1″ htmlscript=”false” light=”false” padlinenumbers=”false” smarttabs=”true” tabsize=”4″ toolbar=”true” title=”example-filename.php”]
ここにコードを入れます1
ここにコードを入れます2
[/css]
[code lang=”js”]
ここにコードを入れます1
ここにコードを入れます2
[/code]
[sourcecode language=”plain”]
ここにコードを入れます1
ここにコードを入れます2
[/sourcecode]

プレビュー

ここにコードを入れます1
ここにコードを入れます2
ここにコードを入れます1
ここにコードを入れます2
ここにコードを入れます1
ここにコードを入れます2
ここにコードを入れます1
ここにコードを入れます2

■参考
http://ozpa-h4.com/2012/03/06/wordpress_plugin_syntax_highlighter_evolved/

wshで自動ログイン

ときどきWebページ等でユーザー名とパスワードを入力することがあるんですが、あまり何回も入力するのは、面倒です。
自宅ではいろいろ自動化ソフトがありますが、会社のPCだと勝手に好きなソフトをインストールできないし・・・。

そんなわけで、WSH(Windows Script Host)を使って、スクリプトファイルを起動するだけで、自動ログインできるようにしてみました。
作成したスクリプトを使いやすい場所にショートカット等で置くと便利そうな気がしきます。

‘login_basic.vbs

Option Explicit

‘オブジェクト変数の宣言とWshShellオブジェクトの作成。
Dim objWshShell
Set objWshShell = WScript.CreateObject(“WScript.Shell”)

‘アクティブにする。
Dim bActive
bActive = false
bActive = objWshShell.AppActivate(“ホームページのタイトル名1 – Google Chrome”)
If bActive = False Then
‘上のタイトルが見つからなかったら別名でリトライ
bActive = objWshShell.AppActivate(“ホームページのタイトル名2 – Google Chrome”)
End If

If bActive Then
‘ユーザー名
objWshShell.SendKeys “user”
objWshShell.SendKeys “{Tab}”
‘パスワード
objWshShell.SendKeys “password”
objWshShell.SendKeys “{Enter}”
Else
MsgBox “ウィンドウが見つかりません。” + vbCrlf + “ウィンドウのタイトルを確認してください。”, vbOKOnly + vbQuestion, “確認”
End If

‘WshShellオブジェクトの廃棄。
Set objWshShell = Nothing