Windows Azure アプリケーションの開発(クラウド環境2)

■ホステッドサービスの作成

1.左下のメニュー「ホステッドサービス、ストレージアカウント、CDN」をクリック

2.左上のメニュー「ホステッドサービス」をクリック

3.左上のアイコン「新規ホステッドサービス」をクリック

-「サービス名」を入力
※ポータルサイト上でのみ利用するラベルなので、適当でOK

-「サービスのURL」を入力
※ここで付与するURL名は、構築したWebアプリケーションにアクセスする際の URL となります。

-「地域またはアフィニティグループ」を選択

アフィニティ グループを作成してください。
アフィニティ グループは同じグループ内のサービス (コンピュート サービスとストレージ サービスなど) を同一センター内の極力近くに配置するためのものです。
近い場所に配置することを保証するものではありませんが、極力近い場所に配置するよう努力します。
また、サービスを作成するデータ センターについては、必ず「Southeast Asia」など、データベース サービスを作成したデータ センターと同じ場所を選択してください。
※異なるデータ センターを選択してしまうと、データ センターまたがりの通信で、課金が発生することになります。

-「デプロイしない」を選択

4.「OK」ボタンを押すとホステッドサービスが作成されます。

サービスを作成すると、アプリケーションをアップロードするための 2つの環境が用意されます。
1 つは “Production” 環境 (運用環境)、もう 1 つが “Staging” 環境 (最終動作確認環境) です。


■参考
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/windowsazure/gg261770.aspx#3.2.3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。