rinevo の紹介

徳島出身で、現在は大阪でプログラマーをしているrinevoです。主に、モノをネットワークに繋いで、いろんな機能を実装するお仕事をしています。

行動記録のソースコード公開

5年以上前に書いたソースコードでろくにメンテナンスもしてないけど、何かの役に立てばと思い、とりあえず全ソースコード公開。
https://github.com/rinevo/JobCostManager

アイコン素材入手元
ICON HOIHOI
http://iconhoihoi.oops.jp/

教材

jQuery日本語リファレンス
http://semooh.jp/jquery/
jQuery UI
http://jqueryui.com/

無線LAN(PLANEX GW450D)を使う

■ドライバのコンパイルに必要な開発ツールをインストール
sudo apt-get install build-essential gcc git
uname -r
sudo apt-get install linux-headers-4.4.0-71-generic

■ドライバダウンロード
http://www.planex.co.jp/support/download/gw-450d/driver_linux.shtml
gw-450d_driver_linux_v3002.zip

unzip gw-450d_driver_linux_v3002.zip
cd gw-450d_driver_linux_v3002
tar jxvf mt7610u_wifi_sta_v3002_dpo_20130916.tar.bz2
cd mt7610u_wifi_sta_v3002_dpo_20130916

■パッチ適用( GW450DのID追加 、コンパイルエラー修正、read/writeエラー修正)
mt7610u_wifi_sta_v3002_dpo_20130916.patch
上のファイルをダウンロード
mt7610u_wifi_sta_v3002_dpo_20130916ディレクトリにコピー

patch -p1 < mt7610u_wifi_sta_v3002_dpo_20130916.patch
でパッチ適用

■コンパイル
make

■インストール
sudo cp -p os/linux/mt7650u_sta.ko /lib/modules/$(uname -r)/kernel/drivers/net/wireless

sudo depmod -a

sudo mkdir -p /etc/Wireless/RT2870STA
sudo cp RT2870STA.dat /etc/Wireless/RT2870STA/RT2870STA.dat

sudo leafpad /etc/Wireless/RT2870STA/RT2870STA.dat
-CountryRegion=5
-CountryRegionABand=7
-CountryCode=
+CountryRegion=1
+CountryRegionABand=1
+CountryCode=JP
-SSID=11n-AP
+SSID=
-WirelessMode=8
+WirelessMode=5

leafpad /etc/network/interfaces
(以下を追記)
allow-hotplug ra0
auto ra0
iface ra0 inet dhcp
wpa-ssid “your-ssid”
wpa-psk “your-passwd”

GW450Dを挿してviliv s7を再起動
WiFi接続できることを確認

■リビルドスクリプト
バージョンアップでドライバが使えなくことがあるので、下のスクリプトを作成しておくと便利

leafpad rebuild.sh
#!/bin/bash
cd ~/gw-450d_driver_linux_v3002/mt7610u_wifi_sta_v3002_dpo_20130916
make
sudo cp -p os/linux/mt7650u_sta.ko /lib/modules/$(uname -r)/kernel/drivers/net/wireless
sudo depmod -a
cd ~/
echo ‘please reboot’
exit 0

viliv s7モニターを閉じるとハイバネートするように変更

サスペンドすると復帰できないため、 ハイバネート するように変更
同時にサスペンドを無効化しないと復帰できないことがあるため対策

ハイバネート有効化
http://myfuturesightforpast.blogspot.com/2014/10/ubuntu1404.html
sudo leafpad /etc/polkit-1/localauthority/50-local.d/com.ubuntu.enable-hibernate.pkla

[Re-enable hibernate by default in upower]
Identity=unix-user:*
Action=org.freedesktop.upower.hibernate
ResultActive=yes

[Re-enable hibernate by default in logind]
Identity=unix-user:*
Action=org.freedesktop.login1.hibernate
ResultActive=yes

設定 -> 電源管理
-> 一般
スリープボタンが押されたとき 何もしない
ハイバネートボタンが押されたとき 何もしない
ラップトップの蓋が閉じられたとき ハイバネート
-> システム
システムのスリープモード ハイバネート
バッテリ電源の利用限界のとき ハイバネート

サスペンド無効化1
/etc/systemd/logind.conf

– #HandleLidSwitch=suspend
+ HandleLidSwitch=ignore

HandlePowerKey=ignore
HandleSuspendKey=ignore
HandleHibernateKey=ignore
HandleLidSwitch=ignore
HandleLidSwitchDocked=ignore

設定反映
sudo systemctl restart systemd-logind

サスペンド無効化2
/etc/polkit-1/localauthority/50-local.d/com.ubuntu.disable-suspend.pkla

[Disable suspend (upower)]
Identity=unix-user:*
Action=org.freedesktop.upower.suspend
ResultActive=no
ResultInactive=no
ResultAny=no

[Disable suspend (logind)]
Identity=unix-user:*
Action=org.freedesktop.login1.suspend
ResultActive=no
ResultInactive=no
ResultAny=no

[Disable suspend when others are logged in (logind)]
Identity=unix-user:*
Action=org.freedesktop.login1.suspend-multiple-sessions
ResultActive=no
ResultInactive=no
ResultAny=no

モニターを開いてから、viliv s7本体右側面のスイッチを入れると復帰します。

■ハイバネートから復帰後、ネット接続できないときは、DHCPでIPアドレスを再設定
sudo dhclient

■初期設定スクリプト
ハイバネートから復帰後に設定したいことをスクリプトに纏めておくと便利

leafpad startup.sh
#!/bin/bash
#タッチパネル調整
xinput set-prop ‘JASTEC USB Touch Screen Controller’ ‘Coordinate Transformation Matrix’ -1 0 1 0 -1 1 0 0 1
#IPアドレス設定
dhclient
exit 0

viliv s7 のlinux化 (Lubuntu)

Windows Xpのノートパソコンviliv s7をlinux化したメモ。

目次
Lubuntuインストール(この記事)
ディスプレイのタッチ操作でカーソル位置が180度ずれているので修正
モニターを閉じるとハイバネートするように変更
無線LAN(PLANEX GW450D)を使う

■Lubuntu 16.04.2 LTS の32bit版isoイメージをダウンロード
http://cdimage.ubuntu.com/lubuntu/releases/16.04/release/
lubuntu-16.04-desktop-i386.iso

■ UNetbootin をダウンロードして起動
http://unetbootin.github.io/
ISOファイルを選択して、ブートローダーをSDカードにインストール

■ viliv s7にUSB有線LANアダプタ(BUFFALO LUA3-U2-AGT)を挿す
単純に挿すだけで有線LANを使えました。

■ SDカードをviliv s7に挿して起動
DELキーを押してBIOS画面を表示
Boot→Hard Disk Drives→1st Drive→USB:Generic STORAG
F10キー(SAVE)→OK

■ UNetbootinのメニューはDefaultでEnter

■ Lubuntuが起動したら、画面左上のInstallアイコンを開いてインストール
「インストール中にアップデートをダウンロードする」「サードパーティのソフトウェアをインストールする」にチェックを入れて続ける

■ システムツール -> ソフトウェアの更新

■ ターミナルを起動
Ctrl+Alt+T

■ Chromiumインストール
システムツール -> Lubuntuソフトウェアセンター
Internet -> Chromium-browser -> バスケットに入れる
アプリバスケット -> パッケージをインストール